お問い合わせ

Information

2020/08/07

TMロボットの産業への応用⑧ バリ取り研磨

各種研磨設備、センサーとの組み合わせることで、さまざまな部品研磨を実現します。
異形部品については、オプション設定のソフトウェア(AUTOMAPPPS)を利用してオブジェクトの3Dイメージファイルから不規則なパスを設定できます。
プラグアンドプレイ機能は、市場で一般的に使用されている研磨関連設備をも統合しました。
設定プロセスを簡素化したことで、ユーザーは簡単に使用することができます。

資料請求や製品マニュアルについてはお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ