お問い合わせ

Cooperating Robot

COOPERATING ROBOT

協働ロボット

協働ロボットとは、「人の代わりに作業するロボット」(産業用ロボット)から「人と協働で作業するロボット」のことです。従来の産業ロボットは非常に大きな力を出すものが多いため安全上、人とは分離した状態でしか作業ができませんでした。

そこで、「人の代わりになって作業を行う」協働ロボットが開発され日本が抱える大きな課題の一つである労働力不足を解消するため価格のハードルの下がった協働ロボットを導入する中小企業が増えています。

BENEFITS OF INTRODUCTION

協働ロボット導入メリット

生産性の向上

労働効率が低下することがなく、一定かつ高速水準の作業を持続させることが可能で生産量の向上が見込めます。また、作業員の能力による品質の差がなくなり、高品質をキープすることや効率の良い動作でロスを軽減します。

協働ロボットによる生産性の向上

労働力の確保

従業員の高齢化や深刻な人手不足など、課題を抱えている業界は数多くあります。次世代の担い手が確保できなければ、企業は成長を後押しすることが困難となります。安定した労働力の確保は大きなメリットとなります。

協働ロボットによる労働力の確保

コスト削減に貢献

生産性を低下させずに省人化によるコスト削減が実現できます。長時間労働による残業代や人材管理によるコスト削減も可能になります。ロボット導入費用は発生しますが人材獲得のための募集費用や育成費など永続的にコスト削減が期待できます。

協働ロボットによるコスト削減

協働ロボット製品情報

資料請求や製品マニュアルについてはお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ